生命保険・損害保険

生命保険・損害保険相談

公的年金や健康保険などの社会保障の仕組みをご説明したうえで、事前にお預かりした現在の契約内容をわかりやすくまとめた一覧表を作成し、ポイントを解説します。もちろん疑問点にもすべてお答えします。

勤務先に福利厚生制度が整っていれば、そちらもご説明します。確認すべきは、第一に公的な保障、第二に企業の保障、そして最後にご自身で備える生命保険商品です。一と二を把握できれば、三は不要となるケースもありえます。

ポイント

  • ・人生観や価値観の異なるそれぞれのご家庭に応じて、保障の優先順位を一緒に考えます。死亡?医療?がん?介護?、それとも不要?
  • ・保障を買いすぎて、将来手元にお金が残らなければ笑い話にもなりません。必要最低限の保障内容をご提案します。
  • ・保険商品については、ご希望されましたら提携している代理店を通じて具体的な保険商品や保険料等もご案内します。ただし、ご案内する提携代理店から加入していただくことを強制するわけではありません。必ず事前にご希望を確認いたします。

生命保険の有料相談と無料相談

相談報酬

  • 初回相談料 + 見直した月あたり相当分の保険料
    (15,000円未満の場合は15,000円) (100円未満切捨て)

【報酬例】
毎月の保険料が3万円で、提案の結果1万円分はそのまま継続し2万円分を解約もしくは変更(入り直し)された場合
20,000円。

相談当日にお持ちいただきたい資料と情報

  • ・現在加入されている保障内容のわかるもののコピー(保険証券や契約内容のお知らせなど)
  • ・勤務先の福利厚生制度のわかるしおりなど
  • ・住宅ローンの最新の返済明細表
  • ・その他、すでに資料請求された商品内容や気になっている資料など。

ページの先頭へ